あき家(空き家)とリノベ ときどきリフォーム

文学不動産

File-52 A modern coffee shop that pursues newness in the old古さの中に新しさを追求したモダンな喫茶店

February 04, 2022

レガロビズ

DIYだからこそできる、変わり変わらない形

高松市小村町にある「レガロビズ」は、まるで何十年もそこで営業しているかのような、レトロモダンな喫茶店だ。
 もとは築90年にもなる、農協の倉庫。解体予定だったその佇まいに一目惚れをしたという。店主の平尾和司さん、侶美さん夫妻がセルフリノベした。店舗を構えてから、今年で7年目になるそうだ。
 店名の『レガロビズ』は、レトロの「RE」、ギャラリーの「GA」、ロマンチックの「RO」、ビストロの「BIS」を合わせたのだとか。現在、喫茶の方は金、土、日で営業している。
 かつての店舗外観の写真を見せてもらった。骨組みはそのままなのに、印象はガラリと変わり、窓や扉一つを取っても随所にセンスが光る。

左:レガロビズ外観。中央小窓はパイのテイクアウト用
右:店舗になる以前の外観(提供/レガロビズ)

石膏ボードをレンガの大きさに切り、一枚一枚塗装して貼り付けたそう

室内の構造は、柱のない体育館のような外壁だけのつくり。真ん中の壁で二つに区切られていて、調理場がある東側にはロフトが設けられている。
 窓が二つ並んだ店舗中央の小部屋は、パイのテイクアウト用に平日営業していく予定なのだとか。
 小部屋のグレーの壁は、一見レンガを貼り付けているように見えるが、実は石膏ボードを一枚ずつ切り取り、レンガ風にペンキで塗ったものを張り合わせてという。
 他にも、夫の和司さんが漆芸家でもあることから一部漆を使ったり、和洋折衷を取り入れたインテリアは、ノスタルジックなのにどこか新鮮さを感じる。
 創意工夫あふれる店舗は、二人の手によってまだまだ日々変化し続けているのだとか。
「飽き性なので、いろいろやってみたくなるんです」と、妻の侶美さんは笑う。
 今後の展開として、壁を隔てた西側の喫茶室を、着物の着付け用スタジオとして構想しているというので、見せてもらった。

おしゃれなレジカウンターには、和司さん作の漆の箸が並んでいる

左:調理場には本格自家焙煎機が見える
右:こだわりの珈琲は、漆の小皿と木の器で

左:カシューナッツの塗料で製作したそう。まるで向こうに空間があるかのような趣向が凝らされている
右:漆が塗られたドアノブのプレート

 こちらは天井の高さを活かして壁面もギャラリーとして活用した、ゆったりとした喫茶室になっている。レトロでおしゃれな家具にアンティークな雑貨がディスプレイされているので、時間を忘れて過ごしてしまいそう。
 中央の壁の素地を剥き出しにする事で、天井の梁と調和し、ダイナミックな空間の広がりを演出している。
 二人の魅力的な感性で、この場所がどのような空間になるのか。『レガロビズ』の今後の展開が楽しみだ。

ー2022年2月

店舗西側の喫茶室。東側のロフトからは眼下にこの大空間が楽しめる

左:剥き出しになっている断熱材や梯子はもとからあったもの。光に照らされた深い色合いが美しい
右:セルフリノベの様子。ロフト部分の中央の壁を剥がしているところ(提供/レガロビズ)

レガロビズ HP 

他の記事を読む

Copyright (C) IKUNAS. All Rights Reserved.