あき家(空き家)とリノベ ときどきリフォーム

パートナー紹介

パートナー紹介

性能とデザインの融合で、志をもった家づくりを

樹工舎

高松市郊外の幹線道路沿いにあるモスグリーンのシンプルな建物。こちらの階段を2階に上がってガラス扉を開けると、白を基調としたスタイリッシュなオフィスがあり、オーナーのこだわりがセンス良く配置された空間が広がります。樹工舎は「家づくりに対して、志をもって取り組みたい」との思いを込めて、代表の矢野智大さんが2016年に設立。デザインもクオリティも妥協しない家づくりには定評があり、矢野さんの腕とセンスに魅せられた人たちの拠り所となっています。

入り口のガラス扉には、樹工舎が大切にする「人」「物」「事」の文字

もともとはハウスメーカーや工務店からの仕事を請け負う大工だった矢野さん。会社を立ち上げることになったのは、自身が職人として働いていた時に感じていたジレンマがありました。
「家を建てていると、職人しか気づかないような小さな部分に『ここはこうした方がいいのに』とか『こうしないと不便なはず』という気づきが必ずあるんです。でも現場の職人はそれを勝手に改善することができない。大工からすれば『些細な作業だからすぐに直せるのに』と思っていても、下請けである以上、小回りが利かず、うやむやになるようなことが結構あったんです」と矢野さん。そんなやりきれなさを解消して、お客様の要望をきちんと形にできるようにという思いが、樹工舎の設立につながりました。

社長の矢野智大さん。年輪モチーフのTシャツもオリジナル

樹工舎としてこだわったのは、まず第一に住む人たちの目線で家づくりをすることでした。家の構造体には集成材ではなくできるだけ無垢材を使い、壁紙はビニールクロスではなく漆喰や土佐和紙を。そんなふうに自然の素材を取り入れることは、快適な住環境につながります。
また、住み心地を機能性だけでとらえるのではなく「住むことそのものを楽しむためには、デザイン性との両立も欠かせない」と矢野さんは言います。それを可能にするために、樹工舎の家づくりには、矢野さん自身が選んだ各分野の職人が集まります。彼らは左官や板金、塗装、基礎、設備、さらに瓦屋、内装そして設計などの各分野において、矢野さん自身が現場でその働きぶりを見て、確かな技術と向上心を持っていると太鼓判を押した職人たち。そんな一流の職人たちが矢野さんを慕って集まり、お客様の要望を丁寧にカタチにしていきます。そのため、樹工舎を訪れる人たちは「おまかせ」で家づくりをオーダーするケースも少なくありません。暮らしを豊かにするデザインと職人の技術に全幅の信頼を寄せているのです。

左官の技術を最大限に活かす内装は、樹工舎ならでは

矢野さんは今、職人たちのネットワークだけでなく、思いを同じくする工務店とのネットワークも構築しようとしています。会社によって得手、不得手があり、お客様の要望によってはそのネットワークで紹介し合うようなつながりができないかと模索中です。
「家づくりに対して志をもつ会社が集まることは、技術のレベルアップや情報交換ができるというメリットがあります。家を建てようとする人たちにとって最適なものがご提供できるようにしたいですね」と矢野さん。
お客様の思いを実現するためにはどうすればいいか。設立当時の思いは揺らぐことなく、樹工舎のポリシーとして根づいています。

建築予定の商業施設のスケールモデル

他の記事を読む

Copyright (C) IKUNAS. All Rights Reserved.